冬に葉山の結婚式を見に行った感想

私は葉山の結婚式場を何件か見にいきましたが、多くは冬から春にかけて見に行きました。海が近いロケーションでリゾート婚を希望するカップルたちに人気の葉山は、夏だけでなく冬でも結婚式を挙げたいという人がたくさんいるそうです。その理由は、海は年間を通して異なる表情を見せてくれているし、冬の海はキラキラしていてとてもきれいだからです。

軽井沢や那須で緑の中で結婚式を挙げたい場合は、冬ではその夢は叶いませんが、海であれば冬でもキラキラです。そこが高原リゾートと海のリゾートの最も大きい違いですよね。

葉山・鎌倉で挙式をしたいというカップルはとても多く、その多くは春から夏にかけての季節を希望します。確かに、春から夏にかけては気温が良いので屋外での挙式には向いていますし、ガーデンパーティもしやすいですよね。しかし、関東では春から夏にかけては、ゴールデンウィークあたりには大汗をかくほど暑くなることが多いですし、6月に入れば早々に梅雨入りしてしまうので、屋外での挙式は計画しにくくなってしまいます。それに、梅雨明けした後の夏は、とにかく高温多湿で、そうした環境で屋外のチャペルで挙式というと、新郎新婦にとってツラいだけでなく、ゲストにとってもかなりつらくなります。

その点、冬は関東地方は雨があまり降らないので、天候による計画変更は少ないですし、寒さも重ね着をすればそれほど寒すぎるということもありません。また、汗をかかないので、メイクが崩れたり溶けたりなんてことがない点も、冬に葉山で結婚式を挙げる魅力だと思います。ウェルカムドリンクは温かい飲み物でお迎えする、などすればその心遣いがゲストの印象に残ると思います。

また、葉山は東京から足を運びやすいロケーションなので、季節に関係なくゲストを招待しやすいという魅力もありますよね。東京からだと1時間ぐらいで、新幹線などは使わなくて良いですし、横浜からだと30分ぐらいで来れるので、都内で働いている人を招待する際にも、「遠方までわざわざ来てくれるかしら」と不安になる必要はないと思います。冬だと少し寒いですけれど、雨が降る確率が低いということは、参加するゲストにとっては移動しやすいというメリットもあると思います。

海は、季節よりも天候によってその景色が左右されてしまいます。晴れていればキラキラですが、曇りだとグレーの景色になってしまいます。けれど、雨が降りにくい関東の冬であれば、海がキラキラ太陽に反射して美しいことが多いので、自然の魅力を思う存分に楽しみながら挙式できるという魅力があります。でも、たとえ曇りでもそれはそれでいい思い出になると思いますよ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽井沢の結婚式場人気ランキング