旧軽井沢ホテル音羽の森

旧軽井沢礼拝堂 旧軽井沢ホテル音羽ノ森

  • 2016.12.27

レトロな雰囲気が軽井沢らしいホテル音羽の森の敷地内に建つ 正式な英国国教会

旧軽井沢ホテル音羽の森は、落ち着いたたたずまいのホテルです。

こちらのホテルは旧三笠ホテルを模して建設されたホテルで、軽井沢にぴったりの雰囲気です。旧三笠ホテルは、明治時代に日本人によって軽井沢に建てられた西洋式のホテルです。なんとも素敵でレトロな雰囲気は、明治より外国人をもてなしてきた軽井沢ならではですね。

ホテルの敷地内には旧軽井沢礼拝堂があり、ここで挙式ができます。旧軽井沢礼拝堂は英国国教会(聖公会)に認可された本物の教会で、ホテルの敷地内にある教会としては国内唯一だそうです。

英国国教会は、軽井沢の父と呼ばれるアレキサンダー・クロフト・ショー神父の宗派です。旧三笠ホテルとクロフト・ショー神父の宗派の教会と、軽井沢らしい要素が満載な結婚式場です。

教会もホテルと同様の雰囲気で建てられていて、軽井沢の雰囲気に溶け込んでいます。教会の正面には落ち着いた色味のステンドグラスがあり、挙式シーンを彩ってくれます。

音羽の森教会の言葉

私が最も素敵だと思ったのは、挙式当日の司祭のお話がすばらしいという点です。旧軽井沢礼拝堂の挙式は本格的で、司祭のお話に新郎新婦のみでなくゲストも感動すると評判なんです。新郎新婦は事前に司祭と面会をする必要があります。当日は、2人だけに贈るあたたかい言葉がいただけるそうです。

何度も軽井沢に行くのは少し大変だけど、1生に1度のことだし、それもいい思い出になりそう。

ホテルにはこじんまりながら素敵な中庭があり、緑の季節には木々の緑と苔で軽井沢らしい雰囲気が楽しめます。ホテル内の披露宴会場は窓から中庭が見える場所に位置しているため、軽井沢らしい景色を眺めながら披露宴をすることができます。

音羽の森中庭

披露宴会場の内装は全体的にブラウンで落ち着いた色味です。開業してから30年以上が経っているため、設備は新しくないですが大事に使い込まれています。最近新しくできた別館「ザ・コッツウォルズハウス」は、白を基調とした明るい雰囲気で設備も新しいですよ。

旧軽井沢ホテル音羽ノ森は、大都会の結婚式場とは全く違う、ゆっくりとした時間が流れる会場です。

軽井沢の結婚式場の見学予約におすすめのサイトはこちら↓。キャンペーン詳細は公式サイトで確認してくださいね!
公式サイト ⇒ 結婚式場探しなら【マイナビウエディング】


軽井沢の結婚式場人気ランキング


おすすめ記事